« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

手帳

なかなか咳が治まらないよぉ・・・
どうしちゃったんでしょうか。。

今日は手帳のお話。
今日ね、前から気になってた「ほぼ日手帳」を買ったんです。
Techo

これまで色んな手帳にトライしてきたんですが、ことごとく使い切れずに、飽きてしまっていたんです。



僕の手帳の歴史を振り返ってみると、初めての手帳は高校3年でもった電子手帳。同使ってたかなんて全然覚えてへんわ。。今もうこの手帳ないしな。。でも大学の始めの頃は使ってたな。。ほとんど講義やら試験日なんかを入れるだけやったかな?
その次も電子手帳。これは手書き入力ができるようになってて、初めての海外旅行(タイ)にも持ってってん。この手帳はまだ家にあって、中にはそのときの日記も入ってるよ。
その後、しばらく手帳なし生活があって、再開したのは就職活動を開始した頃。このときは無印の安い手帳。超シンプルやったけど、就職活動にはちょうどよかったな。会社に入っても研修の頃まではこれをそのまま使ってました。
そのあとまたブランクがあって、急に手帳を持ちたいという欲求に駆られ、「手帳が変わると人生も変わる」でおなじみ?のフランクリンの手帳。でも飽きるも早かったな…なんか、手帳に書くことが義務みたいになってもうて嫌になっちゃった。。
で、またブランクがあって、今の手帳。SONYのCLIE。これはいい手帳だよ。入力もスピーディでストレスないし、中身もシンプルでPC連携も出来て。なかなか使いやすいな。

気に入ってるのになんで買ったかって言うと、単に手書きにしたかっただけ。電子手帳で楽チンなのはいいねんけど、フォーマットにとらわれず自由に書き込めるってやっぱいいかなと。


そもそも、僕は飽きやすくて手帳に色々書き込む習慣がないんです。大事な予定って書き込まんでも覚えてるやん?忘れるような予定って結局忘れてても何の問題もないわけで。。ってやってると手帳がなくてもよかったりすんねん。だからブランクが多いのね。

だから、今使ってる電子手帳も今回買った手帳も自分が楽しく書けるものがいいかなって思ってさ。あと、たとえ飽きたとしても、そんなに高くないしね。。あ、高いのん買ったほうが戒められたかな?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

あけましておめでとうございます。

また1ヶ月開いてしまいました。その間に歳も越してしまいました。 日記を書く場所を複数持ってるのが原因なんでしょうね… まとめられるもんならまとめたいですが、そういうわけにもいかず…

色々とイベントがあったんで書ききれないんですが、やっぱり一番大きい出来事といえば、ついに参議院議員被選挙権を手に入れてしまったこと。ええ、三十路って事ですよ。

そんな僕にメール等でお祝いをくれた方々、本当にありがとうございます。

而立となった当日、ちょっとこの10年を振り返ってみました。20個くらいトピックスを挙げてみましたが、8割がた相方に絡むもの。
大学院を修了出来たことも、今の会社に入れたことも大きなトピックスではあるけど、やっぱ相方に出会えた事ほど大きいイベントはないし、decadelongなこの関係はやっぱりpricelessです。

A CHANGE IS A CHANCE.
半還暦を過ぎ、次の十年はどんな十年になるのかな。。結局は自分次第ですが、壮年といわれる十年だし、20代だった頃よりちょっとだけaggressiveに色々チャレンジしてみます。 英会話はそんなチャレンジへの布石でもあるっちゃあるんですが。。



誕生日当日は僕のこの10年を一緒に過ごしてきてくれた相方さんがささやかに祝ってくれました。平日だったし、小さなケーキを食べて終わりでしたが、こうやって祝ってくれる人がいるってのはやっぱり嬉しいことです。ケーキはねアンテノールのケーキで、生クリームがあんまり甘くなくてパクパク食えちゃいました。
Birthday


で、去年あたりから恒例になりつつありますが、「誕生日記念にオサレなホテルに泊まる」を今週末実行しました。 今年は汐留のパークホテル東京。客室から東京タワーが見えんの。すっごいよかった。あの眺めはちょっと感動しますよ。しかもそんな高くないし。

Sunsettower
Nighttower
Morningtower

どっか旅行に行ったときって、結局寝るだけなんであんまりいいホテルに泊まろうって気になられへんねん。ほんまビジネスホテルでいいって感じ。ホテルが目的ちゃうしね。
でもこうやって旅行じゃなく、近場でちょっとオサレなホテルに泊まるってのは、楽しいよ。この企画、もっと前からやっときゃよかったって思うもん。皆さんも是非。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »